Optibus:公共交通機関の
未来が、今ここに

Optibusの計画・スケジューリング・勤務管理モジュールは高度な最適化アルゴリズムや機械学習を取り入れ
直感的に操作できるシンプルなユーザーインターフェースを採用。世界トップクラスの交通機関が乗客へのサービスを向上し、運転手の満足度を高め、効率化を進めながら、運用コストを削減できるようサポートしています。

Optibusが選ばれる理由

実績に裏打ちされたコスト削減効果

Optibusは個々の意思決定がもたらす経済的影響を明らかにすることで、コストを大幅に削減します。交通網を細部までモデル化し、質の高いスケジュールを立て、運行計画の決定によるビジネス面のKPI(重要業績評価指標)を浮き彫りにします。

堅牢でスケーラブル(かつ非常に迅速)

Optibusは、世界有数の複雑な交通機関の運行をサポートしています。数千台の車両を対象に、あらゆる制約や運用上の優先事項、規制要件に対応することができます。当社のクライアントは計画や予定を立てるだけでなく、車両や乗務員のスケジュールを日々最適化する際にもOptibusを活用しています。

データ駆動型

業界最強クラスのアルゴリズムと機械学習を導入することで、スマートなデータ駆動型の業務運用を実現。リアルタイムのデータ(自動特定した車両位置(AVL)、乗客数など)を収集し、最適化アルゴリズムと併用します。その結果、紙ベースの計画から脱却し、実際の運行状況に基づいた堅牢で現実的な計画を立てることができるようになります。

数日で稼働

迅速に導入できるウェブベースの最新ソフトウェアが、新次元の「SaaS(サース)」(Software as a Service)を実現します。Optibusのユーザーフレンドリーなソフトウェアは、スケジューリングや計画に要する貴重な時間を節約するだけではありません。クラウド上で展開し、絶えず機能の向上を図っているため、ITリソースの節約にもなります。しかも、当社のクライアントは数カ月単位ではなく数日単位で稼働させています。

電気自動車の管理

電気自動車(EV)は今後さらに普及が進むでしょう。そこで、Optibusは電気自動車全般の運行計画を最適化できるようサポートします。充電時間や車両の配置、最小電池残量を簡単に設定すれば、電気自動車向けに最適化したスケジュールをすぐに立てることができます。Optibusのベストプラクティスやクライアントの成功事例も参考になるでしょう。これによって、EV路線の運行や規制要件への対応、新たなEV事業への入札をより一層スムーズに進めることができます。

次世代のプラットフォーム

Optibusを活用すれば、交通網を正確にモデル化し、最適なルートや時刻表、車両のスケジュールを作成することでコストを容易に削減しながら、運転手の労働条件も改善できます。最適なシナリオに落ち着くまで、さまざまなシナリオを試行し、運行計画の変更によるビジネス面の影響をすぐに把握しましょう。スケジューリングの強化を通して削減したコストを主要路線に回し、サービスレベルや運行頻度の向上を図ることができます。

公共交通機関の運営会社

世界有数の規模を誇る公共交通機関の運営会社各社が路線、乗務員、車両のスケジューリングや勤務管理にOptibusのプラットフォームを利用しています。

運転手の待遇を改善し、コストの削減とビジネスの成長を両立
モビリティの分野が変化する中で、公共交通機関の運営会社は先を見越して最新の仕組みを取り入れ、競争力のあるサービスを提供するためのテクノロジーやソフトウェアを求めています。運営会社は、利用者数を増やし、サービス品質のニーズに応え、路線やサービス内容を調整しつつ、便利な交通手段としてのポジションを維持しながら、定時運行(OTP)をはじめとする、さまざまなサービスレベル要件を満たさなければなりません。
その一方で、運営会社は次世代のサービスを支える技術インフラも求めています。路線や時刻表を見直し、サービスレベルを強化することで、次のイノベーションの波に乗り、運行頻度や信頼性を向上する必要があるからです。

 

シャトルバスの運営会社

Optibusを利用すれば、従業員送迎バスのようなシャトルサービスの運行コストを低減し、サービス品質を向上することができます。

サービスを向上しながら、コスト削減と運転手の待遇改善を両立
技術系社員や空港利用者などを送迎するシャトルバスの運行は厳密に管理しなければなりません。運転手の確保とコスト削減を両立するには、労務管理も強化する必要があります。また、路線計画や時刻表も精査しなければなりません。つまり、効率的・効果的な運行を実現するには、しかるべきテクノロジーが必要なのです。
その一方で、運営会社は革新的なサービスを提供するためのテクノロジーやインフラも求めています。競争力を維持し、便利なサービスを提供するには、路線や時刻表を見直し、サービスレベルを強化する必要があるからです。

ケーススタディ

Scroll to Top